美と健康の味方!イソフラボンの効果で不妊を改善しよう

MENU

CLOSE

美と健康の味方!イソフラボンの効果で不妊を改善しよう

女性に欠かせない栄養素を含むイソフラボン

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

ホルモンバランスを整える

女性の健康を維持し、美容にもいいイソフラボンを積極的に摂取しているかたは少なくありません。もともとはマメ科の植物でポリフェノールの一種になります。代表的なものは大豆が原料のものですが、クワ科やアヤメ科の植物の中にも含まれている成分です。

そんなイソフラボンの中には抗酸化作用があり、ストレスや加齢などによって増えた活性酸素を除去する働きや、女性ホルモンのバランスを取る効果があると期待されています。卵子を老化から守り質を保ち、排卵周期を整えたい妊活中や不妊治療を受けているかたとってはどちらも大変重要な要素です。

女性ホルモンの働きをサポートする植物性エストロゲン

イソフラボンといえば、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た作用をする植物性エストロゲンの存在が有名です。美肌や髪のハリツヤを出す効果があるだけではなく、月経周期を正常化したり、子宮や卵巣の環境を整える作用があります。

エストロゲンの働き

  • 子宮内膜を厚くする
  • 基礎体温を下げる
  • 規則正しい排卵を行う

しかしこうした働きは加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどで分泌量が減ってしまうことで乱れてしまいます。逆に分泌過多になってしまうと乳がんや子宮系の病気を引き起こしやすいなど、正常な分泌が行われることが妊活にも健康維持にも不可欠なのです。

イソフラボンはエストロゲンの分泌を促進して、妊活中や不妊治療中のかたが妊娠しやすい身体を作ると同時に、増えすぎてしまったエストロゲンを抑えることでバランスを取る役割もしてくれます。女性の大切な身体のために積極的に摂取したい成分なのです。

イソフラボンの摂取の際に知っておくこと

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

サプリメント摂取に関しての注意

大豆や大豆製品に多く含まれているイソフラボンですので、日本人の食生活の中では比較的摂取しやすい栄養素です。妊活中意識をしてきちんとバランスの取れた食事を摂ろうと考えいけば、食事から充分に健康な卵子を作るために、男性の場合もホルモンバランスを整えて正常な精子の量を増やすためにイソフラボンを摂取していくことが充分に可能です。

しかし、食が欧米化してしまっているかたやファストフードが多いかた、インスタントで済ませてしまいがちな乱れた食生活の中では不足してしまいます。イソフラボンはサプリメントとしても売られていますので、食事内容からイソフラボンが不足しがちであれば摂り入れることをおすすめします。逆に和食中心の食事で充分に食生活から補えるようであれば、サプリメントのほうを控えるように調整することも必要です。

とくに妊娠をしたあとにはイソフラボンの大量摂取が胎児の発育にも影響を与える危険性がありますので、くれぐれも1日の摂取上限である70mgから75mgを超えないようにしてください。食事からの摂取量も考えて、サプリメントからイソフラボンを摂る場合には1日に30mg程度を目安にしておくのがおすすめです。

毎日少しずつ摂り入れることが大切

イソフラボンは摂取をしても身体に溜め込められず、翌日にはほとんどが尿として排出されることになります。つまりは摂取をしても長い間その栄養効果を身体に作用させることはできないのです。そこで大切になってくるのが、毎日きちんと摂取し続けるということになります。

食生活やサプリメントから継続的にイソフラボンを摂取することによって、初めてホルモンバランスを取ったり抗酸化作用を活かした妊娠しやすい身体作りのサポートをしてくれるようになるのです。イソフラボンの効果を長続きさせるために、日頃から適切な量を摂取していくことを心がけていくようにしてください。

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧