血中のコレステロール値をコントロールして妊娠しやすい身体作り

MENU

CLOSE

血中のコレステロール値をコントロールして妊娠しやすい身体作り

コレステロール値が妊娠力を左右する

45434b7485608cf01ac1c085d49c8305_s

ただ下げればいいだけではない血中コレステロール

子どもが欲しいと望んでいるのになかなか授かることのできない夫婦は少なくありません。そして不妊治療を受けようと思い実際に受ける段階になっても、生殖機能のなんらかの異常があることを疑います。ですが、実は検査をしても不妊の原因が特定できないというケースが決して珍しくないのです。そしてそういったかたは生殖機能以外に異常があることが理由ではないかと考えられています。その1つが血中コレステロール値です。

不妊とは全く関係がないように感じますが、血中コレステロールというのはホルモン生成の材料になるものです。コレステロールが不足してしまうと排卵が規則正しく行われず月経不順に陥ってしまいますし、男性の場合は精子が充分に成長をさせることができません。つまり、コレステロール値は下げすぎてしまうことも問題なのです。

血中コレステロールは身体に悪いだけではない

血中コレステロールと耳にすると、身体に悪影響を与えるのでとにかく下げなければならないというイメージがあります。ですが、ホルモン生成や細胞膜の生成に必要不可欠な存在です。血中コレステロールの値が少なくなると細胞が弱まってしまい、生殖器を含めて身体に栄養が行き届かなくなってしまいます。

妊娠に必要な女性ホルモン、男性ホルモンもコレステロールから作られますから、足りなくなればホルモンの分泌量まで下がってしまいます。なかなか子どもを授からない妊活中、不妊治療中のかたの中にも、健康のためだと思って食生活でコレステロールケアをしすぎてしまっていることが原因で、ホルモンの分泌不足になってしまっているかたがいるのではないかと考えられています。一度、血液検査でコレステロール値を確かめて見るのもいいでしょう。

卵子や受精卵の成長に関わる

ホルモンの生成量が減ってしまうと、細胞膜を構成することができずに卵子や受精卵が順調に成長することができません。

女性の場合には

  • 月経不順
  • 無月経

などの症状が見られる場合には血中コレステロールが不足してしまっている可能性も否めないため注意が必要です。基本的に人間の体というのは生命を維持することを第一に組織が働くようになっていますので、コレステロールも健康を守るために真っ先に使用されます。

生命活動には直接的に関係がない子宮や卵巣は他の臓器に比べてしまうと後回しにされることが多く、コレステロール不足の影響を受けやすいのです。それが月経周期の乱れとして表れますし、結果妊娠しづらくなってしまうのです。

血中コレステロールというのは増えすぎてしまうことも問題なのですが、逆に少なくなってしまうのも問題です。妊活中は血中コレステロール値のバランスを取り、正常値の範囲内をキープしておくようにしておきましょう。

血中コレステロール値を改善させるためにできること

91aec649c7a14b6aeda19a42f7f0e4aa_s

コレステロール値が低い場合

血中コレステロール値は脂質の多いものばかりを摂ってあげればいいというものではありません。すぐに摂りすぎになってしまいますから、食生活の中でバランスよく摂り入れていくことが大切です。

コレステロールの多い食材

  • バター
  • 鶏肉
  • しらす干しなど

妊活中であっても過剰摂取は生活習慣病の原因になりますから注意してください。

コレステロールはサプリメントなども使って調整しよう

逆にコレステロールの高さが気になる場合や上げすぎの予防のためには、

  • オリーブ油
  • 青魚
  • ナッツ類など

これらに含まれる不飽和脂肪酸を一緒にとって調整することも大切です。

  • オメガ3脂肪酸
  • EPA

といったコレステロールをコントロールするサプリメントの摂取もおすすめします。また、ビタミンを多く含む食材やサプリメントを一緒に摂取することで、コレステロールが身体の中で効果的に使われるようになります。血中コレステロールは減らすことばかりを考えるだけではなく、正常値を保つことを意識し、不妊を招きやすい原因を少しでも減らすようにしてください。

45434b7485608cf01ac1c085d49c8305_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧