妊活でミトコンドリアはなぜ重要?その働きと活性方法とは

MENU

CLOSE

妊活でミトコンドリアはなぜ重要?その働きと活性方法とは

ミトコンドリアは精子、卵子の救世主

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

不妊症に密接に関係しているとされているのが、卵子や精子の加齢による機能の悪化です。最近ではテレビや雑誌などのメディアでも紹介され、一般的に認知されるようになってきました。妊活をする際にも卵子と精子の老化・質については意識することが必要です。卵子や精子が老化や質の悪化で機能が衰えると、妊活、不妊治療がうまくいかない原因にもなります。

その為、卵子や精子の老化を防ぎ、機能の向上の為、ミトコンドリアを元気にすることに着目した研究を重ねる医師が増えています。卵子と精子にはミトコンドリアと呼ばれるその機能を十分に発揮させる細胞器官が備わっています。ミトコンドリアは様々な役割を果たしますが、一番重要なのが細胞内に蓄積された栄養素を分解してエネルギーを作り出す働きです。

ミトコンドリアは生殖細胞である卵子と精子に多く存在している為、精子や卵子の質はミトコンドリアの量や質によって決まってくると行っても過言ではありません。ミトコンドリアも年齢を重ねるごとで、次第に量が減っていきます。そのことが、私たち自身の老化を進めることになり、卵子や精子の老化にもつながります。

ミトコンドリアは人間の全ての細胞の中に存在し、ミトコンドリアの数が減少して質が低下すると、作られるエネルギーが不足します。少ないエネルギーでは若さを保つ為の機能や、遺伝子の修復作業に十分なエネルギーが回らず私たちの身体は老いや不調を招くのです。加齢を止めることが出来ない私たちは、ミトコンドリアの質や量をよくして活性化させることがエネルギーを作る能力を高めて、健康や若さの維持に繋がります。

卵子と精子の中のミトコンドリアもほかの各細胞と同じようにエネルギーを生産し、供給する働きがあります。加齢や不規則な生活によって弱ったミトコンドリアでは、卵子と精子へのエネルギー生産や傷ついた細胞の修復がうまくいかず、老化を招いてしまいます。精子と卵子が老化すると、染色体の異常を招きやすくなってしまします。したがって精子、卵子の健康状態には注意を向けるべきなのです。

ミトコンドリアはどうすれば増やすことができるのか

05815a0be109619694cc37dc07db528d_s

ミトコンドリアの量はある程度自分で増やせることがわかっており、ミトコンドリアを増やす自分で出来る方法の一つが、有酸素運動です。そして食べ過ぎないように小食生活を送ることも大切です。有酸素運動はややきつめのものに取り組みましょう。ランニング、サイクリング、ヨガや太極拳なども効果的なので、定期的に続けられる自身のライフスタイルに合った運動を探してみましょう。

また、空腹感がミトコンドリアを増やすことがわかっており、小食生活も効果的です。毎日の食生活は腹八分を心がけ、早食いせずにゆっくり噛んで食べることを意識しましょう。特に早食いは老化促進の活性酸素をつくる為、注意が必要です。更に、ミトコンドリアの質を上げる為に、規則正しい生活、栄養バランスのとれた毎日の食生活、適度な運動があげられます。

最近では、ミトコンドリアの増加と活性を促すと言われているイースタティックミネラという成分が注目されています。イースタティックミネラルは食事から取り入れることは簡単ではありませんが、サプリメントであれば効率的に摂取可能です。イースタティックミネラルは抗酸化より進んだ酸化還元力をもち、老化したミトコンドリアが蘇り、質が悪くなった卵子や精子を回復させる効果が期待できます。

不妊治療が長引いている場合でもこのサプリメントで体質改善できれば、不妊治療に費やす時間を短縮できるかもしれません。妊活はサプリメント選びが功すれば不妊治療が上手くいく可能性も高まります。これから妊活サプリメントを選ぶ際は、イースタティックミネラルの摂取を検討してみてはいかがでしょうか。

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧