乳酸菌が不妊に効果あり!乳酸菌の妊活における活用法

MENU

CLOSE

乳酸菌が不妊に効果あり!乳酸菌の妊活における活用法

腸内環境の改善は妊活サプリメントの効果を出す大前提

fbf0ebb0fee84a8a4f8d3566271b99fd_s

妊活を成功させるためには妊娠しやすい体を作り上げて、その状態を妊娠するまでしっかりと維持していく必要があります。妊娠しやすい体というのは具体的には質の高い卵子が作られる体という事が言えます。卵子の質を高めることにより、精子との受精可能性を上げていくということが妊活及び不妊治療といったものの最終的な目的になります。

また、妊活や不妊治療によって着床障害のような妊娠を妨げる要因と取り除いて行くことも大切になってきます。このような妊娠しやすい体をつくるためには妊活に良いとされている栄養素を積極的に摂取していく必要があります。このような妊活に良い栄養素というのはかなり多岐にわたっており、日々の食生活の中で自然に取り入れていこうとすると、品数も多くなり、非常に手間がかかるため、挫折しやすくなります。

そのような妊活に励む女性が妊活に挫折しないように考えられたのが妊活サプリメントになります。この妊活サプリメントに関しては妊活において必要とされる栄養素が万遍なくふくまれているというものになります。したがって、妊活サプリメントでしっかりと栄養素を摂取しておけば、食生活を無理に改善する必要はなくなります。ただし、この妊活サプリメントを摂取するにあたっては一つ大きな注意点があります。それが妊活サプリメントを服用するにあたっては腸内環境が整っていることが大切になるということです。

腸内環境が大切だというのは日々の生活でも良く耳にすると思います。腸内環境というのは人間の健康に非常に大きな影響を与えています。また、この腸内環境が整っていないと、栄養を摂取しても十分に吸収されずにそのまま体外に排出されてしまうという事態にもなりかねません。

そのため、妊活サプリメントでせっかく摂取した栄養素も、腸内環境が乱れていると体内に吸収されないということになる可能性もあります。このような腸内環境については善玉菌と悪玉菌というものが存在しており、善玉菌が優勢になることで、腸内環境は自然と改善していきます。このような善玉菌を増やして腸内環境を改善する効果があるのが乳酸菌になります。

乳酸菌でアトピー予防

ecfbbb749ed037efa3a0944b1dd5b2ef_s

さて、上記の文章では乳酸菌を積極的に摂取することにより、妊活においては妊活サプリメントに含まれている栄養素をしっかりと吸収する効果があるということが分かりました。実は乳酸菌に期待される効果というのはこれだけではありません。乳酸菌を積極的に摂取することは妊娠後にも非常に大切なことになってきます。

実はこの乳酸菌には赤ちゃんの生後のアトピー発生率を下げる効果があるということが分かっています。特に自身がアトピーの症状に悩まされた経験のある女性はしっかりと乳酸菌を摂取するようにしましょう。アトピーという病気はT2という免疫細胞が活性化しすぎることによって発生してしまう病気になります。

その後、T2細胞はアレルゲンといわれる自分以外のたんぱく質に攻撃を繰り返すようになり、これによりかゆみ・皮膚炎・発熱・だるさといったような症状を覚えるようになります。ただ、このT2細胞に関しては乳酸菌・ビフィズス菌といった菌に弱いということが分かっています。

そのため、このような乳酸菌などを摂取することはT2細胞を減少させる効果があり、T2細胞が誤作動してアトピーを引き起こす可能性自体を下げてくれます。また、アトピーには遺伝的要素があることも判明しています。したがって、お母さんがアトピー経験者だった場合にはその子供もアトピーを発症する確率が高くなってきます。
ただ、このようなアトピーの発症確率に関しては女性が妊娠中から積極的に乳酸菌を摂取し続けることによって、改善させることが可能になります。したがって、乳酸菌に関しては妊娠に成功した後も積極的に摂取していく事が必要になる栄養素であるという事が言えます。そのため、妊活を進めていく場合には乳酸菌サプリメントを併用するか、乳酸菌が含まれている妊活サプリメントを使うことも意識していきましょう。

fbf0ebb0fee84a8a4f8d3566271b99fd_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧